楽器可能・防音物件で確認すべきポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メールで送る
Update : 2016.11.09

20050618_1313728

楽器を扱っていると演奏する場所が限られますよね。
学校の音楽室やバンド活動が可能なスタジオなど、練習する時間も限られるし借りるのにもお金がかかるしいつでも弾けるわけではないです。そんなときに自宅で弾けるととてもうれしいですよね。
では楽器可能な物件で確認すべきポイントをあげたので確認しましょう。

確認すべきポイント
* 楽器演奏時間のルール
時間制限がありの場合と、24時間楽器演奏可もあり、物件によって違います。
* 演奏可能な楽器の種類
アップライトピアノは良くても、グランドピアノはだめなど楽器によって違うので自分のもっている楽器では大丈夫か不動産屋さんに確認してみましょう。

楽器可能・防音物件を探すには確認すべきポイントがあるので借りる際は注意しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに>追加
  • メールで送る