アパート・マンション賃貸物件情報サイト LR賃貸

江東区区章 「水彩都市」 江東区

~深川地区の古き良き下町風情と湾岸地区の洗練された街並みが魅力~

江東区は江戸時代から湿地帯が多く、隅田川などの河川があることから運河による水運、物流を中心にさまざまな産業が発展してきました。

木場はその名の通り、運河によって木材を運搬する場所として栄え、江戸三大祭りに数えられる深川八幡祭り(富岡八幡宮例祭)は、門前仲町にある富岡八幡宮の大規模なお祭りとして有名です。また、木場の角乗(かくのり)は川に浮かぶ丸太に乗り、自由自在に木を操る芸能で映像や写真で見たことも多いかもしれません。(現在は木の取扱や貯木は新木場に移動しています)木場の跡地は木場公園、東京都現代美術館などに利用され、永代通りから東に向かうと、イトーヨーカドー木場店、SUNAMOなどがあり、西に向かえば東京駅につながります。湾岸部もイオン東雲店やららぽーと豊洲などがあり、大規模ショッピングセンターが充実しているため、都心にありますが生活における利便性が高いエリアといえるでしょう。 夏の風物詩、隅田川花火大会も江東区のエリアから見ることもできます。

代表的な地域としては木場、門前仲町、東陽町などの深川南部エリア、清澄白河や森下、住吉などの深川北部エリア、亀戸。大島から南砂、新砂までの城東、砂町エリア、豊洲、東雲、有明などの臨海部湾岸エリアに大きく別れます。

江東区のランドマーク

6619459443_9eb4c990e5

富岡八幡宮

江東区の深川エリアには下町情緒を含んだ多くの歴史的建造物があります。深川不動、富岡八幡宮を中心に、江戸時代より受け継がれてた赤穂浪士休息の地や伊能忠敬住居跡、長州藩大砲鋳造場跡など歴史を感じさせる史跡が多く残るとともに、芭蕉記念館、小林一茶寓居跡、滝沢馬琴誕生の地、小津安二郎出生の地など俳人や映画監督に関するものも多いのが江東区の特徴です。

大きく土地の開けた臨海部湾岸エリアには、国際展示場(東京ビックサイト)や日本科学未来館などの日本有数のイベント会場や展示場があり、夢の島公園、東京辰巳国際水泳場、若洲海浜公園など大規模なスポーツ施設や公園も広がっており、休日には多くの賑わいを見せます。さらに、2020年に開催予定の東京オリンピックでも各種目の会場にもなっています。2012年に開通した「恐竜」のような形の東京ゲートブリッジは新しい東京湾の顔で、海側から東京を見渡す光景は目を瞠るものがあります。

永代橋(永代1丁目)江戸時代に日本橋と深川を結ぶために架けられた橋。赤穂浪士が渡った橋として有名。
伊能忠敬住居跡(門前仲町1-18)日本で初めて正確な日本地図を制作した伊能忠敬の住居跡。ここを拠点に測量したとされる。
深川不動堂(富岡1-17-13)江戸時代に成田山新勝寺の出張開帳が行われ設立。周辺は門前町として今も栄えています。
富岡八幡宮(富岡1-20-3)寛永4年(1627年)に建立された「深川の八幡様」。深川八幡まつりは東京のお祭りとして有名。相撲とも縁が深く、横綱力士の碑が設置される。
東京都現代美術館(三好4-1-1)木場公園北側にある1995年に開館されたコンテンポラリーアートを中心とした美術館。アンディウォーホルなどを多数所蔵。
東京辰巳国際水泳場(辰巳2-8-10)公認の50mのメインプールに加え、ダイビングプールなども保有。日本選手権や国際試合も開催される本格的な水泳場。一般の利用もできます。
芭蕉記念館(常盤1-6-3)古くは松尾芭蕉が拠点として「奥の細道」などを記した場所に建てられた記念館。芭蕉の作品だけでなく、一般も参加できる俳句コンテンストも実施。
HANAKAME'92(亀戸2-21)亀戸駅前にある羽のついた3匹の亀の噴水。親亀・子亀・孫亀が背中に折り重なっています。
小名木川クローバー橋(大島1~扇橋3)

猿江、大島、北砂、扇橋の4つのエリアを結ぶ歩行と自転車用の橋。テレビなどの撮影にも多く使われる。
長州藩大砲鋳造場跡(南砂2-11)江戸時代に長州藩屋敷があった名残で、佐久間象山の指導により長州藩が大砲を鋳造したとされる。
がすてなーに、ガスの科学館(豊洲6-1-1)東京ガスが提供する子ども向けの学習施設。無料でガスやエネルギーの展示や体験をすることで仕組みを学ぶことができる。
有明テニスの森公園・有明コロシアム(有明2)48面のテニスコートを有する公園。敷地内に有明コロシアムを併設し、テニスの国際試合だけではなく各種イベントを開催。
国際展示場(東京ビッグサイト)(有明3-21-1)東京随一の大規模な展示ホールで会議施設も併設。各種ビジネスイベントだけではなくコミックマーケットの開催地にもなる。
日本科学未来館(青海2-41)最先端の科学技術を使った触れて楽しむことができる展示場。実験教室やトークイベントに加え、各種人気の企画展も展示される。
東京ゲートブリッジ(若洲)平成24年に開通した中央防波堤と若洲を結ぶ橋梁。日没からライトアップされ新しい江東区のランドマークとなっている。自動車用の一般道だが、途中まで歩道が存在する。

江東区の公園

江東区には清澄庭園や猿江恩賜公園といった歴史的な庭園もあれば、木場公園や東陽町公園といった児童公園も区内に90以上あるなど充実しており休日の子育てなどには便利です。

清澄庭園(清澄3-3-9)紀伊國屋文左衛門の屋敷跡と伝えられる枯山水等を主体とした庭園。東京都の名勝にも指定され、菖蒲やつつじなどの花や銘石が多い。
木場公園(平野4~木場4)木材関連施設が新木場に移動した跡に作られた森林公園。ふれあい広場やイベント用のスペースに加え、噴水やテニスコートもある。木場の角乗もこちらで開催。
猿江恩賜公園(毛利2-13、住吉2-28)昭和天皇ご成婚記念として払い下げられた土地に作られた公園。照明付き野球場、テニスコートも備え、園内には芸術施設「ティアラ江東」があります。
辰巳の森海浜公園(辰巳2-1-35)パターゴルフ、ディスクゴルフやフリーテニスなどが楽しめる広大な公園。ドッグランやバーベキュー施設も園内に併設されています。
若洲海浜公園(若洲3-1-2)若洲沿岸にあるゴルフ場やキャンプ場も備えるアウトドア仕様の公園です。子供向け遊具やサイクリングコース、海釣り施設も隣接するため1日中楽しむことができます。
仙台堀川公園(北砂6~東陽6)江東区らしい堀を埋め立てて作られた親水公園。全長3.7kmあり特色ある7つの森をもつ。春の桜の時期には程よいお散歩コースに。
夢の島公園・熱帯植物館(夢の島3-2)清掃工場の埋立地で整備された広大な公園。公園内には、発生する熱を利用した熱帯植物館やスポーツ会館、マリーナ、第五福竜丸展示館を併設する。

江東区の統計情報

江東区では約48%の物件が賃貸物件として居住されており、独身世帯の割合は約36%、家族世帯が約64%となっています。 豊洲、湾岸エリアを中心に人口が増加しており、2015年には人口50万人を超えました。 日本全体に比べ世帯年収はやや高めで、子育てファミリーから独身世代まで幅広い年齢層が居住しています。 賃貸物件を含め江東区で住居を探す場合は、事前に江東区の方々のライフスタイルや動向を確認し、自分のスタイルと合っているか確認しておきましょう。

江東区の世帯比率

出所:平成17年 財団法人特別区協議会調べ

江東区の男女比率

出所:江東区HPより作成

江東区の持ち家賃貸比率

出所:2013年総務省住宅土地統計調査

江東区の年齢別人口

出所:江東区HPより作成

江東区の年収別世帯数

出所:2013年総務省住宅土地統計調査

江東区の歴史と産業

9654133292_26a5313c54_z_d

豊洲のオフィス街

江東区エリアはもともと多くの湿地帯で、現在の区画になるには多くの埋立てを行ってきました。越中島や大島、石島などの地名に見るようにもともとは島だったところも多く、江戸時代には現在の江東区役所のある場所は海の中だったと言われています。

明治維新以降は隅田川沿いには大きな工場や発電所、市街地には中小の町工場が多く存在し、清澄の浅野セメント、亀戸の日清紡績などが有名でした。今となっては木場の跡地も新木場に移動し、跡地は公園や美術館に転用されています。

街としての産業構造が変化しつつあり、以前あった工場や倉庫はマンションなどの住宅に変容しつつありますが、夢の島や砂町付近には大規模な倉庫や運送会社が多く存在します。

企業では豊洲エリアのNTTデータ、unysis、IHIやアスクル、木場エリアのNRIやフジクラ、大島周辺のLIXILが有名です。

江東区の人気のお店やスポット

3352619017_d54e409fc6_z_d

砂町銀座の入り口

最近では、木場周辺の鳥(ふくろう)カフェやブルーボトルコーヒーが清澄白河に進出し話題を集めましたが、昨今深川周辺の長屋を改装したモダンなcafeが木場、清澄白河周辺には登場しています。また、門前仲町周辺の門前町には古くからのうなぎやあごだしといった名店が多く、もつ煮や立ち飲みなどの下町情緒あふれるメニューを提供しています。

古くからの商店街がまだまだ大活躍。とくに砂町銀座商店街は、連日の行列ができる「安くてうまい名店」も少なくありません。

湾岸部ではららぽーと豊洲やお台場ヴィーナスフォートやダイバーシティなどの大規模なショッピング、グルメ、エンターテイメントが合わせて楽しめる複合施設が展開されています。お店の面でも、江東区では古き良きものと新しいものが共存した独特の雰囲気を展開しています。

商業施設
  • ららぽーと豊洲
  • お台場のパレットタウン
  • 亀戸サンストリート
  • 南砂トピレックプラザ
  • SUNAMO
  • 木場イトーヨーカドー
  • 東雲EAON
  • Ario新砂
  • お台場パレットタウン
  • 大江戸温泉物語
商店街
  • 砂町銀座商店街
  • 豊洲商店街
  • 人情深川ご利益通り
  • 深川仲町通り商店街
  • 亀戸天神通り商店街
  • 高橋のらくろード

江東区の道路事情

8118464889_af671ba16e_z_d

永代橋と水上バス

江東区の通勤事情については、23区内ということもあり鉄道各社の路線が充実しています。代表的な路線は、 JR総武線、京葉線、東京メトロ東西線、半蔵門線、有楽町線、都営地下鉄新宿線、大江戸線、ゆりかもめ、東京臨海高速が ありますが、基本的にすべて東西に伸びる路線のため、南北への移動には大江戸線かバスを利用するしかありませんのでご注意ください。 なお、東京メトロ東西線は千葉県からの乗客も多いことから通勤時の混雑度は高いと言われているほか、京葉線は風の強い湾岸エリアを通過するため、時々強風による運行停止になることがあります。

主要な道路は中央東西に伸びる永代通りと湾岸道路。それぞれ西から幹線道路として晴海通り、清澄通り、三ツ目通り、四ツ目通り、明治通り、丸八通りが南北に走ります。江東区の特徴として運河が多いため細かい橋も多く、アップダウンが発生するためベビーカーや自転車で通勤する人は注意が必要です。首都高速道路は7号小松川線、9号深川線、10号晴海線、湾岸線が通過します。 また、運河を利用した水上バスも豊洲や越中島、有明などから発着しており、休日などに利用してみるのもリフレッシュになります。

江東区でのお部屋探し

大型ファミリータイプの標準的な3LDKのマンションの賃料は約18万円前後、単身向けの1R/1Kは8万円前後で推移しています。下町の賃料としてはやや高めですが、下町情緒あふれる雰囲気が好きな層と大江戸線や道路の開通によって都心へのアクセスが良好になったことから賃料は下げ止まっています。

単身者や2人入居者用の1Rから2LDKまでの間取りは賃貸物件の供給量も多く、様々な物件を比較検討することができるでしょう。

また、湾岸エリアの豊洲、東雲、有明には大型タワーマンションを中心に多くのレジデンスが建設されており、賃貸の物件も増加していくことが予想されます。東京オリンピックもひかえて今後も様々な商業施設や公共施設が敷設されることになるでしょう。

間取り別家賃相場

7.7万円

8.8万円

8.2万円

12.8万円

7.7万円

9.5万円

18.9万円

-

21万円

-

-

-

-

1R 1K 1DK 1LDK 2K 2DK 2LDK 3K 3LDK 4K 4DK 4LDK 4LDK以上
(0件)

※LR賃貸に掲載されている物件の中での中央値を表示しています。

建物種別別家賃相場

  1R 1K/1DK 1LDK/2K/2DK 2LDK/3K/3DK 3LDK/4K/4DK 4LDK/4LDK以上
アパート

6.3万円

7.8万円

7.8万円

10万円

10万円

-

マンション

8万円

8.9万円

10.7万円

18.4万円

20.8万円

18.5万円

江東区の各エリア